はじまりはここから。
3ステップで相続対策をスタート!

ひと言で「相続」といっても、相続にまつわる手続きは人それぞれ…。
でも、最初にやるべきことはみんな同じ。相続の最初の一歩について、筋道を立てて解説します。

1

1

まずは
自分の財産を
把握しましょう!

自分が持っている資産を把握することが最初の一歩です。相続財産にはプラスの財産(不動産や預貯金など)とマイナスの財産(借金やローンなど)があります。だいたいで構わないので、財産目録を作成してみましょう。下記は財産目録を作るときに参考になる書類です。

不動産 固定資産税明細書や名寄せなど
預貯金 通帳や残高証明など
生命保険 保険証書など
株式 證券会社に確認
借金 明細書や契約書など

2

2

誰にどの財産を
相続させたいかを
考えてみましょう!

自分の財産がわかったら、相続人は誰なのか把握します。そして、自分の財産を「誰に」、「どのように」渡したいか考えてみましょう。もめてほしくない、均等に分けたい、妻(夫)に全部あげたい…などさまざまなご希望があると思います。どうしたいかで方法が異なってくるので、一度専門家にご相談してみるのが良いでしょう。
また、不動産はお金と違って均等に分配するのは難しく、もめてしまう要因のひとつです。
事前に誰に相続させるか決めておいたり、家族で話し合っておくことをオススメします。

3

3

これからしたいことを考えたり、
今後かかる費用など
試算してみましょう!

ある程度誰に財産を渡すかが決まれば、あとは自分の今後のことも考えてみましょう。
これからしたいことを考えることで、より豊かなセカンドライフを送ることができるでしょう。
また、今後かかってくる費用を試算しておくことで、その費用を準備しておいたり、前もって自分の意思を誰かに伝えておくこともできます。
費用の準備に関しては、現金だけではなく、生命保険を活用することもできます。預貯金などは、自分が亡くなった後すぐには引き出せなくなります。お葬式代などある程度大きな金額をすぐに準備しておきたい場合は、生命保険を利用することですぐに支払うことも可能となります。
また、生命保険には相続税の非課税枠があるため、相続税対策にも有効です。

実は、これらのことをすべて行っている人はほとんどいません!

時間も手間もかかり、簡単に決めることができる内容でもありません。
もし相続について悩んでいるのなら、私たちに相談してみませんか?
難しくて聞きなれない単語は使わずに、わかりやすく丁寧に相続についてお話させていただきます。
一緒によりよい相続方法を考えていきましょう!

Back to Top